カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

【MCU】楽しいワンダビジョンの世界どこ(ワンダヴィジョン 7~8話)

ワンダヴィジョン、全8話だと思ったら9話でした。だからこれの次の記事が最終回ですね多分。

f:id:CAMDUKI:20210504120610j:plain

 

 

【目次】

 

7話 第4の壁を破って

笑いを構造的に説明するときはよく「緊張と緩和の振れ幅が笑いを生み出す」と言われるんだけれども、ワンダヴィジョンはそれを大掛かりな規模で行っている。このドラマはシリアスもコメディも両方抜かりがないし、それの相互作用でドラマがすごく面白くなっている。

6話でワンダが力を使いすぎたせいで世界が壊れていく展開に移行するのは予想通りだったけれども、その崩壊の様子がコミカルに描かれていることには驚いた。他にもこの話ではモニカの覚醒や、子供たちの消失など、緊張感溢れる展開が続くのだがついに現れた黒幕・アガサハークネスの登場に全部持っていかれた。

話も後半で既に山場に差し掛かっているのに未だに笑いに貪欲なのは恐れ入る。しかも、ここまで面白くやっておいてストーリーの緊張感が全く途切れない。いや、アメリカすごいわマジで。

 

8話 前回までは

 おかしい。あんなに愉快な登場をしたアガサさんが普通の悪者になってるしストーリーもシリアス一辺倒だ。楽しかったワンダビジョンを返してくれ。

アガサは黒幕というよりもワンダの生み出した世界に入りだした闖入者という立ち位置らしい。ワンダの力の秘密を探りにきたという。ただ、偽のピエトロを用意したりペットを殺したりしたのはアガサの仕業なんだそうだ。つまり、ワンダビジョンに出てくるピエトロがX-men版のピエトロに似ているというのは偶然ということになる。そっか偶然か……。

アガサがワンダの過去を暴いた結果、ワンダの力の源はインフィニティ・ストーンということが判明する。あれ?インフィニティ・ストーンって今現在この時空から消えてるんじゃなかったっけ?じゃあアガサが同じだけのパワーを得るのって無理じゃない?

最後にヘイワード長官が作り出した2代目ビジョンみたいなやつが起動して8話は終了。最終話で2代目ビジョンに初代ビジョンの記憶が宿って実質ビジョンの死が無かったことになってワンダが立ち直って終了、とかだったらちょっと展開として浅くて嫌だなー。

 

 

 

)