カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

【MCU】いつものアレをきっちりやってシリーズ終了(ワンダヴィジョン 9話)

 全部見終えた!面白かった!!!

f:id:CAMDUKI:20210504120610j:plain

 

 

【目次】

 

9話 シリーズ最終回

ワンダとアガサ、ヴィジョンと白ヴィジョンがそれぞれ戦っている。MCUお馴染みの2Pカラー対決はドラマシリーズにも適用されたか。

9話は割とノリで作ってそうな部分が多い。アガサのメンタル攻撃が何に有効だったのかよく分からないし、ワンダが突然した理由もあまりピンと来ない。術者以外は魔法が使えなくなるルーン文字の結界でアガサがフヨフヨと浮いていたのも謎。

ヴィジョンと白ヴィジョンが『テセウスの船』の話で和解し始めたときは「ヴィジョンが復活してハッピーエンド!!」みたいな激浅展開になるんじゃないかと戦々恐々としていたけれども、白ヴィジョンは「私はヴィジョンだ……」と言って空を飛んでいったきり帰ってこなかった。どうしたお前。

まあ、ツッコミどころはいくつかあるものの、9話に至るまでの過程が良かったので、そこまで気にはなっていない。

結局オリジナル?に当たる赤ヴィジョンと、ワンダの子供たちは異空間が終わりを迎えると同時に消失してしまった。この話がきちんと喪失の痛みを抱える方向で終わってよかった。

エンドロール後はモニカ主役の作品に続きそうな映像と、ドクター・ストレンジを彷彿とさせるポーズのワンダがアガサの魔術書を読んでいるシーンで〆られる。アベンジャーズは解散となってしまったけれども、また同じようなオールスター映画が作られるのだろうか。

 

ワンダヴィジョン総括

MCUシリーズ初見でもある程度楽しめるようには作られているものの、大前提としてエンドゲームまで見ていることが求められるというとんでもないハードルの高さを誇る作品だが、最終話も含めてかなり質が高く、MCUシリーズを楽しんできた人を良い意味で裏切るような展開が面白かった。

コロナもあることだし、映画館に行くのもかったるいので今後のMCUシリーズは全てドラマで制作しておいてディズニー+で配信してもらえると助かるんだけれども。

さて次はファルコン&ウィンター・ソルジャーを見るぞ。

 

 

 

)