カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

最終話。一千万年銀河が心に染みる(機動戦士ガンダムZZ感想  46話~47話)

ついに最終回です。

f:id:CAMDUKI:20210916171934j:plain

 

 

第46話 バイブレーション

ニュータイプ部隊の猛攻の前に共同戦線を張るキャラとジュドーだったが苦戦を強いられる。グレミーはアクシズに連結されていたジオンの象徴、隕石コロニーのモウサを切り離して、ハマーンの艦隊に激突させる作戦を開始する。しかし、ハマーンの応戦でモウサは軌道をそれる。次にグレミーはアクシズの軌道をコア3に向けさせた。アクシズはコア3と接触し、ハマーンはついに、その拠点を失ってしまう。ネェル・アーガマも加わった三つ巴の戦いの中、ジュドーはラカンのMSドーベン・ウルフを撃墜。そのままアクシズに潜入し、プルツーやグレミーと最後の対決を迎える。

リィナ生存確定!

しかも助けたのは、あのセイラさん!!

モビルスーツで潰された小屋からどうやって無傷で……?

現在のセイラさんは投資家として生計を立てていることがセリフの中で示された。シャアからもらった金塊を元手にしたのかな?

久しぶりに出てきたセイラさんのセリフはよくわからない。

ブライトとセイラの会話の中で出てきた「概念だけのニュータイプ」とは何なのだろう。逆襲のシャアを見れば明らかになるのだろうか。

戦闘パートでは、今回から急にZZに付与されたビームコーティングが強すぎ笑えた。

謎の力で突然強くなったZよりマシとはいえ、最終話直前で最強のバリア機能が思い付きのような気軽さで装着されてしまった。盛り上がりに水を差す行為だと思う。

そしてジュドーがエコ思想のようなものを語った後に、グレミーがあっけなく死んだ。

 

最終話 戦士、再び……

MSゲーマルクで善戦したキャラだったがニュータイプ部隊との激闘によって戦死。ネェル・アーガマは隕石コロニーモウサをコア3に激突させ、ハマーン艦隊の壊滅に成功する。ジュドーはハマーンと最後の決着をつけるべく、単身ZZガンダムでハマーンのキュベレイへ向かっていく。

はっきり言って何が何だか分からない最終回だった。

ジュドーがカルト教団の教祖みたいなことを語ったと思ったら、ハマーンが満足気に死んでしまった。

ただ、Zガンダムの最終回と違って確かな満足感だけはある。

最終決戦の亡霊アタックはZガンダムより受け入れられた。

ミネバが影武者だったという話は悲しい。実態のない血筋を争ってジオンは内ゲバで滅んでしまったのだ。

連邦軍のお偉方に突っかかるジュドーの気持ちもよく分かる。

戦争で、無駄な血が失われすぎた。

それでもブライトを本当に殴るとは思わなかったけど。

最後は、ジュドーとルーが木星に向かう。

ここで流れる森口博子の一千万年銀河が良すぎて涙が出そうになった。

3作見続けた満足感からかもしれない。

ああ……

ヤザンどうなったんだろう。

 

総括

明るく楽しいガンダムだったはずなのに、唐突な路線変更により、最後は過去作に負けず劣らずの鬱ガンダムになってしまった本作。

ファースト~ZZの3作の中では、個人的には一番ZZが面白かったように思う。

キャラクターやメカの役割がはっきりしているのが良かったのだろう。

ストーリーの最後の方は端折りすぎてついていけない部分も多かったので、あと20話多ければもっと楽しめたかもしれない。

 

いよいよ1年以上続けてきたガンダム百鬼夜行も次の逆襲のシャアで一区切りを迎える。

そこまで見たら一度何かガンダムゲーを触ろうと思う。

アムロやカミーユ、ジュドーにまた会いたい。

 

 

)