カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

【映画感想】最悪な体験すぎて他人に勧めたくなるという意味では実写版デビルマンに近い(ミッドサマー)

最初の方は「これが伏線かなー?」とかワクワクして見てたけど、最後の方は死にそうな顔をして映画を眺めてるだけになった。映画に関する記憶の大半は吹き飛んでるのでこの映画について書くことがあまり無いです。

ミッドサマー(吹替版)

 

ミッドサマー(吹替版)

ミッドサマー(吹替版)

  • フローレンス・ピュー
Amazon

我々には文明人の矜持として「よその文化は否定せず受け入れるべき」みたいな精神があると思うんですけれども、そんな気持ちでこの映画を見たらえらいことになった。世の中には受け入れられないものもあると認めるべきでした。

心の底から映画館で見なくて良かったと思います。真っ暗な閉鎖空間でこの映画に向き合うのは精神に悪影響を及ぼしたでしょう。

見終わったあとの胸糞悪さは想像を絶するので個人的な尺度で言えばこれは「クソ映画」ということになるんですけれども、非常に残念なことにこの映画の美しさは認めざるを得ないところがあるので「ぐぬぬ……」という感じです。映像や音楽はもちろん、登場人物の死生観ですらある種の美しさが宿ってるんですよね。

ただグロいだけの映画なんだったら「気分が悪い!ふざけんな!」で終われたと思うんですけれども。

 

この映画を見て思い出したのがニコール・キッドマン主演のドッグヴィルという映画。「よく出来てるけど気分が悪いので評価は☆一つとさせていただきます」と言いたくなった映画は今のところアレだけですね。ミッドサマーは人の悪意が薄い代わりにグロが強い映画だったけれども、ドッグヴィルはその逆でグロは薄いけれども悪意が強い映画です。

配信してないからなかなか見られないかもしれないですけれども、お近くにTSUTAYAがある人は是非取り寄せてほしい。最悪なので。

 

 

 

 

)