カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

【映画感想】赤井ファミリー映画と見せかけた灰原哀映画(名探偵コナン 緋色の弾丸)

世代のアニメということでコナン自体は基礎教養レベルに知っていますが、そこまでディープなコナンファンというわけではないワタクシです。中学の頃までぼんやりと見続けていて、そこから特に理由もなく離れていたのですが、彼女が好きなので(安室推しらしい)見に行きました。

軽く社会現象まで起こした『ゼロの執行人』は詳細は忘れましたけれども言いがかりのような犯人指摘やぶっ飛んだアクションで大変笑わせてもらいまして、今回もそういう不真面目な視点でしか見ていませんが、それなりに面白かったと思います。

映画の冒頭で芝浜のホテルに招待されてるのに「芝浜ってどこだよ!」と元太が痴呆レベルのことを言い出したときには先が思いやられたものですが(流石にボケが酷すぎるので僕の聞き間違いかもしれません)。

いくつか赤井家関連の前提知識があると面白さが増すと思いますがコナン映画はノリで見るものだと思うので大して知らなくても楽しめるかもしれません。ここから先はネタバレありで書きます。

f:id:CAMDUKI:20210704133016j:plain



 

 

【目次】

 

あらすじ

舞台は、世界最大のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」の記念すべき東京開催を迎えようとしている日本。その開会式にあわせて、日本の技術を総集結した、最高時速1,000kmを誇る世界初「真空超電導リニア」が新名古屋駅と東京に新設される芝浜駅間に開通することが発表された。世界の注目を集める中、名だたる大会スポンサーが集うパーティー会場で突如事件が発生し、企業のトップが相次いで拉致されてしまう異常事態に。その裏には事件を監視する赤井秀一の姿、そして赤井からの指令を待つFBIの姿があった。コナンの推理により、15年前にアメリカのボストンで起きた忌まわしきWSG連続拉致事件との関連性が浮かび上がり、当時の事件もFBIの管轄だったことが判明する。果たしてこれは偶然なのか? 世界中から大勢の人々が集まる日本で、いったい何が起ころうとしているのか?

 

シネマトゥデイより引用

 

赤井ファミリー映画と見せかけた灰原哀映画

  赤井一家という作中でも随一の人気キャラ達を取り上げた映画だと聞いていたのですが蓋を開けてみれば活躍しているのはほぼ灰原哀。パンフレットでは声優の林原さんのコメントが塩っぽかったので、灰原はあんまり出てこないのかなと思いきや、コナンのサポート役としてオペレーションを担当したり、コナンが疎い科学方面の知識を提供したりと八面六臂の大活躍。

映画クライマックスの「ただの科学好きな小学生よ」というセリフに彼女の魅力が詰まってましたねー。赤井ファミリーを食う勢いの存在感。彼女がコナンの安否を心配するシーンではちょっと彼女に感情移入しすぎて泣きそうになりました。

あと、意外にもこの映画の中で小五郎の立ち回りが僕の中でグッと来るものがありまして。蘭が作ったご飯をグルメレポーター顔負けのリアクションで褒めたりとか、テロの危険があるからコナン達がリニアモーターカーに乗るのを案じるシーンとか。

今回の小五郎は大人としての魅力に溢れてましたね。

 

赤井さんが格好いいなら何でもいい

とはいえ一番美味しいところを持っていったのは今回の映画の看板キャラ赤井秀一。山梨~名古屋までの超長距離を射撃するシーンは格好良かったですね。

「いやいや流石に現実にはありえないでしょ」と言いたくなる場面ではあるんですけれども、何かリニアモーターカーの仕組みを使った超狙撃なので届くらしいです。

全体として物語のギミックが超電導磁石に関するネタで作られていて、一番の見せ場のシーンも超電導磁石で〆るという構成が統一感あってなかなか好みです。

反面、将棋の達人が将棋上手すぎて犯人の逃走経路を先回り出来るのは納得度薄め。将棋の技能と人を追い詰める技能は関係ないよねーと冷静な自分が突っ込んでました。それをやるなら街が碁盤の目の形になってる京都を舞台にやってほしかったです。

でも将棋の上手さを物語に絡めるならあれ以外の方法は無いだろうと思うので仕方ないとは思います。

 

細かいことを気にして見る映画ではない

最後はコナンの乗ってるリニアモーターカーが大暴走の末、脱線して大事故を起こしたんですけれども、灰原の機転で作った即席パラシュートで減速出来たので事なきを得ました。

リニアモーターカーが絵的にはどう見てもアウトな壊れ方してたんですけれども、そういう緻密さを求める映画でもないですしね(二回目)。

コナン映画お馴染みの「らああああああああん!!!」も終盤のリニアモーターカーでゴタゴタしてる場面でありました。蘭がピンチのときに叫ぶならまだしも、コナンがピンチのときに叫ぶ理由がよくわからなかったんですけれども。

まあ、コナンが蘭の名前を叫ぶのは一種の様式美ですから深く考えちゃいけないんでしょう。

 

ミステリーとしての面白さはほぼ皆無ですが、キャラの魅力は上手く引き出していたように思います。次作も期待ですなー。 

 

 

 

 

)