カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

全く期待してなかったのに、実は最高の映画だった(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)

アルカプで大活躍したロケットラクーンが出てくる以外の興味をそそられる要素が無かったのですが、めちゃくちゃ面白かったですね。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(吹替版)

ディズニー+で見ました

 

【目次】

 

あらすじ

マーベル・スタジオが贈る「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は宇宙を舞台にしたアクション満載の壮大な物語。

ピーター・クイルは全宇宙の支配をたくらむ悪党ロナンが狙っているオーブを盗みだす。クイルはオーブを盗んだことで懸賞金をかけられてしまう。

ロナンの手から逃れるために、クイルは4人の変わり者とチームを組むことになる。メンバーは武器のエキスパートでアライグマのロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、ミステリアスな暗殺者ガモーラ、そして復讐に燃えるドラックス・ザ・デストロイヤー。クイルはオーブに銀河を滅亡させるほどの恐ろしい力があると知り、ヤバいメンバーたちを統率し、銀河を守るために奮闘する。

ディズニー+より引用

 

 

アッパー系コメディアクションSF映画

最初がすごく重いシーンから始まるんで、「ああ、今回もそういう系の映画ね」と思っていたら意外とハイテンションで人をぶっ倒す感じのアッパー系コメディアクション映画で良い意味で裏切られたというか。

まあ、コメディ系かと思いきやMCUシリーズとの関連性もちょっと匂わせてきたりしてきて侮れないんですけれども。

MCUもフェーズ2に入ってからは何だか変な映画ばっかりだったんですけれども、ようやく素直に褒められる作品が出てきたなという感じです。

 

王道というかベタというか

今までのMARVELシリーズが地球を舞台にしたちょいリアル寄りのSFだったのが、本作は宇宙を舞台にしたかなり脳天気なSFとなっています。愉快なアライグマと木と緑色のお姉ちゃんが大活躍して、スターウォーズみたいな宇宙船に乗りながらめっちゃカラフルな光線が飛び交うような作品です。

ストーリーとしては王道というかベタで、最初は仲の悪かった5人が次第に仲良くなって最後は悪いやつを一緒にぶっ飛ばしに行くぜ!!というだけの映画なんですけれども、テンポが良くてキャラが立っているので最後まで飽きずに見ることが出来ました。

MCUシリーズで1作何でも良いからオススメ教えてくれって言われたら、個人的にはこれを推すかもしれません。

最初はみんな仲が悪かったところがこの作品の魅力のひとつなんで、次回作どうやってこれを超えようとするのかはちょっと楽しみですね。

 

以上!! このブログは毎日更新する予定です! 読者登録してもらえるとモチベにつながります!!

 

 

 

)