カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

【MCU】最初ダサいと思ってた格好が途中から格好良く見えてくるこの感覚、キャプテンアメリカの映画を見たときと同じだ(ファルコン&ウィンター・ソルジャー 5~6話)

ここまで来たらロキもリアルタイムで追いかけてやろうかなという気になってる。

【読書】「三度読み推奨ミステリー」のキャッチコピーに偽りなし。読んだ数だけ味の変わる恋愛短編集(ずっとあなたが好きでした/歌野晶午)

タイトルと表紙でビビッと来た人は多いはず。僕もそのクチです。

【MCU】万能お茶汲みおじさんジモ、爆誕(ファルコン&ウィンター・ソルジャー 3~4話)

スーパーサブキャラ大戦勃発。

【MCU】2代目キャプテンアメリカ…? (゜д゜)(ファルコン&ウィンター・ソルジャー 1~2話)

社会派ヒーロードラマみたいになってくんですかね。

【読書】オタク+発達障害+ゆるやかな絶望。今の世代の”負”を切り取った文学作品(推し、燃ゆ/宇佐見りん)

書き出しが強烈なインパクトに塗れている小説と言えば夏目漱石の「吾輩は猫である」と、川端康成の「雪国」が思い浮かぶんですけれども、この小説の書き出しも負けていません。 推しが燃えた。ファンを殴ったらしい。

【読書】「努力は才能に勝る」はただの神話?サイコパスは遺伝する?"言ってはいけない"不愉快な真実(言ってはいけない―残酷すぎる真実― / 橘玲)

ジャンプ的価値観の敗北……

【まとめ】5月に読んだ面白かった本・映画等

月例振り返り企画。

【MCU】いつものアレをきっちりやってシリーズ終了(ワンダヴィジョン 9話)

全部見終えた!面白かった!!!

【MCU】楽しいワンダビジョンの世界どこ(ワンダヴィジョン 7~8話)

ワンダヴィジョン、全8話だと思ったら9話でした。だからこれの次の記事が最終回ですね多分。

【読書】ハルヒ公式によるハルヒパロディ。キャラは成長しているが展開は二番煎じに近い何か。(涼宮ハルヒの憤慨/谷川流)

この巻は飛ばしても良いかもしれない……。

【ドラマ】様式美に則りながらも革新的。シリーズ初視聴で見るべきものでは無いものの良質なミステリードラマ(古畑任三郎FINAL ラスト・ダンス)

日本のミステリードラマで"国民的"と言っても差し支えないレベルで愛されたのは古畑任三郎ぐらいじゃないでしょうか。

【MCU】いいぞ!世界が壊れてきてる!!(ワンダヴィジョン 5~6話)

ヒーロー映画なんだから最後にはハッピーエンドになると信じているんだけれども、 ここからどうやってハッピーエンドに転嫁するのか見もの。

【読書】並みのタフさじゃ生き残れない、壊れかけの霞が関(ブラック霞が関/千正康裕)

「午前七時、仕事開始。二七時二〇分、退庁。」というキャッチコピーに惹かれて購入。 自分より収入の高い人間が労働条件の悪い職場で働いているのを見て安心したいという最低すぎるきっかけで手に取ったんですけれども、漠然としか知らなかった官僚の仕事を…

【MCU】これ最後にワンダが不幸になるしか無くない?(ワンダヴィジョン 3~4話)

スーパーヒーロー映画からの脱却を目指しているようでなかなか良い。

【読書】このシリーズもそろそろネタ切れかー?(銀翼のイカロス(半沢直樹シリーズ)/池井戸潤)

半沢シリーズらしく敵をぶちのめす瞬間は爽快感があるものの、そこに至るまでの過程が好みじゃなかったです。 ドラマ版は面白かったんですけれども、小説版は半沢シリーズにしてはちょっと渋い出来。

)