【読書感想】六人の嘘つきな大学生(浅倉秋成) 就活中に読んではいけない、就活デスゲームミステリー

読書
スポンサーリンク

created by Rinker
¥1,584 (2022/05/26 14:56:52時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

概要

成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。

全員で内定を得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とは――。

『教室が、ひとりになるまで』でミステリ界の話題をさらった浅倉秋成が仕掛ける、究極の心理戦。

スポンサーリンク

「就活+デスゲーム」の合わせ技小説

6人の大学生が大手企業への内定を掛けて、言葉を尽くした心理ゲームを行います。

僕は結構ミステリーを読むんで、どうしても読む前にある程度ネタを想像しちゃうんですよね。

「このミスにランクインしていて、尚且つ人気書籍になっているということは、多分この辺のトリックが使われてるのかなあ」みたいに。

いやー、見事に騙されましたね。

「もう二度と就活なんてしたくない」と思っている人にこそ読んでほしい。

作中には就職活動への皮肉のようなものが散りばめられています。

それは就活をする学生に対する皮肉でもあり、学生を選考する側である企業に対する皮肉でもあります。

僕は性格が悪いので”社会の矛盾”をチクリと突くような作品を見ると「いや~分かるわ~~」とニヤニヤしちゃうんですよね。

そういう意味ではずっとニヤニヤしっぱなし。

就活中に読むとメンタルにクると思うので、就活が終わった後に読むのがオススメです。

色々な意味で楽しくて、爽やかな気持ちになる小説ですよ。

created by Rinker
¥1,584 (2022/05/26 14:56:52時点 Amazon調べ-詳細)
プロフィール
カミヅキ

読書好きのゲーマー。
ゲームは無双みたいなライトな物が好き。
ストVではキャミィでグラマス、メナトでアルマス。
本は勧められたものは何でも読みます。

カミヅキをフォローする
読書
スポンサーリンク
カミヅキをフォローする
カミヅキ記録帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました