カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

意識が低い系の自己啓発本(自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術/ひろゆき)

ちょっと前に「他人と比較してはいけない」と主張する禅僧の本を読んで「そうは言っても難しいじゃんね」という感想になりました。

この本も似た内容を主張していますが、こっちの方が実践的で僕は好みです。

自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術

 記事投稿時点では電書版がセール中です。

 

【目次】

 

概要

ひろゆき流バカに振り回されないメンタル術

鋼のメンタル王・ひろゆきが教える
いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法!

◎イライラが消える!
◎他人に振り回されない!
◎どんな相手にもビビらない、ブレない!

「一人勝ちメンタル」を手に入れる、最強のテクニック22

 

Amazonより引用

 

意識が低い系の自己啓発本

巷に溢れる自己啓発本の「天職を見つけよう!」「今日が一生で一番若い日!」という感じの意識が高くて暑苦しい雰囲気が苦手なのですが、この本は自分の能力が低いことを大前提とした意識低い系自己啓発本です。

意識高い系の自己啓発本の内容を実践してみたこともあるんですけれども特に何かが好転した気もしないので、個人的にはこっちの意識低い系というかダラっとした自己啓発書の方があっているみたいです。

 

良くも悪くも浅く広い本

本の内容は浅く広くといった感じで、あまりひとつのテーマを掘り下げるようなことは無く、メンタルコントロールの方法や働き方に関してひろゆきの思うことを書いてあります。どれも自分の能力が低いことが大前提の考え方なので僕にとっては心地いいです。

「はじめに」で他人のことを「犬」と表現していたのを読んで、だいぶ人の心が足りない内容の本だと思って期待したのですが、本のタイトルについて触れてある箇所はそこまで多くなく、「これ何の本だっけ」と読んでる最中に思うことがまあまあありました。

著者の雑談を書き起こして強引に自己啓発本のフォーマットに当てはめたような内容で、たまに何の役にも立たない章もあります。

前回に取り上げた『論破力』のほうがディープで面白かったのですが、時間が無くて「本はサクッと要点だけを読みたい!!」というタイプの人は今回の本の方が合ってるのかなーという感じです。悪いことは書いてないですしね。

 

活かしたいと思った部分の抜粋

僕も自分の能力を低いことを前提に生きることにしてるので、習得済みの考え方も結構多かったのですが、

・怒られるときは敢えて一歩前に出て相手のパーソナルスペースを侵害すると、相手が威圧されて軽く済む場合がある

・暇つぶしに人の行動を予測して、それっぽい理屈を立ててみる練習をする

・思い出し怒りをしたときは、何故それがイラつくかという原因を考えて二度と思い出さないようにする

というのは考えたことが無かったので、しばらく取り入れてみようかなと。

特に思い出し怒りには結構支配される方で、今日も10分ぐらい過去の出来事にムカついていましたんですけれども、生産性が無いからやめたいと思ってたんですよね。

 

定価で買うとすぐ読めちゃう分、損した気持ちになるんで今のセール中に買うのが良いのかなーと思います。

 

 

読者登録してもらえるとモチベにつながります!!

 

 

 

)