カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

特撮好きおっさん向け漫画と思いきや(怪獣8号 1巻)

タイトルだけだとあまり面白くなさそう感あるのが勿体ないよ。

 

怪獣8号 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

あらすじ

 怪獣発生率が世界屈指の日本。この国は、容赦なく怪獣が日常を侵していた。かつて防衛隊員を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

 

Amazonより引用

 

主人公、32歳おっさん

当たり前のように怪獣が災害のように暴れ狂う架空の日本が舞台ですが、主人公は将来の夢を才能と年齢制限が理由で諦めた32歳のおっさんです。

主人公の設定が妙に生々しいというか何というか。

想定している読者の年齢層が本家少年ジャンプより高いからこういうキャラ設定になってるんですかねー。

Amazonでレビューをざーっと見ると「おっさん最高」「おっさんだから良いんだよ」と、これ以上無いぐらいおっさんを褒め称える声が溢れています。

わかります。

確かにこの漫画、主人公のおっさんの絶妙なおっさん具合がすごくいい。

 

意外と?ちゃんとした王道ジャンプ漫画

最初は主人公の設定の嫌なリアルさもあって、読む人を選ぶ渋い漫画になるんかなーと思ってたんですけれども、話が進むごとに「ちゃんとしたジャンプ漫画」になっていきます。

怪獣退治漫画と聞くとエログロ系漫画っぽく思うかもしれないんですけれども、そういうのとはむしろ真逆ですね。

絵が見やすく、雰囲気も明るめ。

かなり気楽に読めます。

1巻がちょうど気になるところで終わったんで、ジャンプ+で追いかけてみますかねえ。

そういえば主人公の名前がカフカなのは、寝て起きたら『変身』してたからなんですかね。

 

 

 

 

)