カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

動きはアナログアニメの最高峰!肝心のジャイアントロボが動いてるシーンが退屈で困る:ジャイアントロボ THE ANIMATION ~地球が静止する日~ 感想【アニメ記録】

「ジャイアントロボ THE ANIMATION ~地球が静止する日~」Blu-ray BOX スタンダードエディション

 

 

EPISODE:1 黒いアタッシュケース

EPISODE:1 黒いアタッシュケース

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

Netflixで見ました。

 

  

あらすじ

来るべき近未来・・・。人類は絶対無公害・完全リサイクルのエネルギーシステム〈シズマドライブ〉の発明によって、輝かしい平和を享受していた。
だが、その陰では謎の秘密結社・BF団と国際警察機構の熾烈な戦いが繰り広げられていた。
BF団は次々と怪ロボットや超A級エージェント集団・十傑集を差し向け、そして究極兵器・大怪球フォーグラーを使って世界の全シズマシステムを
停止させる「地球静止作戦」を策謀していた。
これに立ち向かう史上最強のロボット、ジャイアントロボと若き操縦者・草間大作、そして国際警察機構エキスパートたち。
果たして、BF団総帥ビッグ・ファイアの真の目的とは・・・!

Amazonより引用

 

感想 

アクションシーンは当時のアニメとしては(下手したら今のレベルで見ても)最高峰の出来です。

今でもこのアニメが根強い人気を誇る理由がよくわかりました。 

但し、肝心のジャイアントロボが動いてるシーンが恐ろしく退屈です。

あれだけ魅力的な特殊能力を持ったキャラに囲まれておいて、ジャイアントロボが最後までただデカいだけが取り柄のマシンで終わるとは思いませんでした。

しかもストーリーや設定は無駄に難解な癖にところどころ辻褄があっていないので、真面目に理解しようとすればするほど混乱します。

もっと爽快感重視のバカアニメの方向に振り切ってほしかったです。

とはいえ、このアニメのアクションシーンは多くのクリエイターに影響を与えたのは間違いないので(特にギルティギアはモロにジャイアントロボのオマージュが多い)、オタクなら見ておくと楽しめる作品の幅が広がるかも。

教養としてどうぞ。

 

 

)