カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

【MCU】何を見せられてるのかわからないけれども、何かすごいことが起ころうとしていることだけはわかる(ワンダヴィジョン 1~2話)

これ見るためだけにディズニープラスに入る価値がありそうな気さえもするぐらい面白い。 

f:id:CAMDUKI:20210504120610j:plain

 

 

【目次】

 

 1話 公開収録でお送りします

お馴染みのMCUのロゴマークから始まったものの、画面は白黒で作風もアメリカのホームコメディ(奥様は魔女風?)になってしまっている。ワンダとヴィジョンの演技も今までのMCU作品とは打って変わって世界観に合わせた大袈裟なものになっている。

ワンダとヴィジョンの根本的な設定はMCU世界から引き継いでいるらしいが二人の記憶がすっぽりと抜け落ちているらしく、ワンダは魔法が使える主婦、ヴィジョンはロボットであることを隠しながら会社員をしているようだ。

これは本編と関係のないスピンオフとして制作されたのかと思いきや、スターク・インダストリーズのCMが意味深なことを言う。「過去を忘れましょう。これが未来です」。CMで紹介されていたトースターの製品名に2000と付いていたのは何か意味があるのだろうか。

二人の家に遊びに来たヴィジョンの上司に二人の過去を問い詰められる。「どこから来た?」「結婚して何年?」「どうした?」「理由は?」。ワンダとヴィジョンは記憶が無いので答えられない。

二人が答えに窮していると上司が急に苦しみ始めて倒れてしまう。旦那の一大事だというのに上司の婦人は冗談を嗜めるような口調で「やめて」「やめて」と言い続ける。笑顔を崩さずに。コメディの世界観を受け入れ始めた矢先の急展だ。

結局、ヴィジョンが能力を使って上司が喉に詰まらせたチョコがけのイチゴを取り除くのだが、その後は何事も無かったかのように元のコメディ風の世界観に戻ってしまう。最後に画面がズームアウトしていき誰かがモニターでワンダヴィジョンを監視していたことが示唆されて1話は終わる。

27分のドラマだったが、ラストのスタッフロールが5分ほどあるので実質約20分程度で見ることが出来る。たった20分といえども、気になることが詰め込まれすぎていてだいぶ濃厚な時間を過ごしたように思う。物語全体は大きな謎で包まれているものの、ホームコメディとしての質が高いのが良い。

ところでヴィジョンが使っていた肉たたきがソーのミョルニルのように見えたのだが、アメリカの一般的なご家庭にある肉たたきが本当にミョルニルの形をしている可能性もある。伏線だと思うのは早計だろう。

 

2話 チャンネルはそのまま

画面は相変わらず白黒のままだが、OPにアニメーション(もちろん絵柄はカートゥーン風!)が使われていたり、1話と比べてカメラのアングルが大幅に増えている。予算が増えたという設定なのだろうか。

今回はワンダが庭先で、この白黒の世界に似つかわしくない色のついたヘリコプターのおもちゃを見つけてしまう。そのときのワンダの表情は明らかに怯えの色を含んでいた。ヘリコプターは赤と黄色のアイアンマンカラー。このカラーリングは流石に何か意味ありげである。

また、ワンダがご近所さんの家でチャリティーの打ち合わせの片付けをしている最中に、ご近所さんから不信感をぶつけられる。「あなたは信用出来ない」「あなた誰」。不穏な空気になる中、追い打ちをかけるかのようにラジオから声が入る。「ワンダ聞こえているか。誰の指示でやっている」。

突然、ラジオとご近所さんの持っているコップを粉々になる。ご近所さんからの手のひらから赤い血が流れる。この世界に赤色が存在するはずがないのに。

コップとラジオはワンダが超能力で壊したのだろうか。ヘリコプターのおもちゃのときの怯え方といい、ご近所さんに問い詰められたときの態度といい、明らかにワンダはこの世界が偽物であること知っている。だが、ワンダはそれが明らかになることを望んでいないらしい。

ここでCMが入る。宣伝されているのはヒドラの文字とロゴが入った腕時計。キャッチコピーは「あなたのために時を告げるもの」。意味深すぎる。

後半は、ワンダとヴィジョンがご近所さんに馴染むためにチャリティーでマジックショーの出し物を行うという内容だ。ヴィジョンがガムを食べたせいでひどいバグり方をするのだが、そのバグり方が本当にひどくてだいぶ笑わせてもらった。

マジックショーは成功して家に帰るとワンダが突然妊娠する。唐突にお腹が膨らんでいるのだ。ここで外から不審な物音が。ワンダとヴィジョンの二人で外に出ていくと、マンホールから養蜂家の格好をした不審者が現れるも、ワンダが「駄目」と言うと場面が巻き戻され、養蜂家のシーンは無かったことにされる。

最後にワンダとヴィジョンがキスをすると世界に色がついていく。何だかハッピーエンド風にまとめられているが謎しかない。ワンダが自分の理想の世界を作るために、世界を改変しているのだろうか。全9話なのに2話の段階で話のタネが明かされてしまったわけだけれども、残りの7話でどうなるのだろうか。正直一日で全部見たいぐらいに面白い。

 

 

 

 

 

)