カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

まるで意味が分かると怖いコピペのような:恋に至る病/斜線堂有紀 感想

 ベタな推し文句で恐縮ですが、『必ずもう一度読み返したくなります』。

恋に至る病 (メディアワークス文庫)

アマゾンからあらすじコピペしときます。

やがて150人以上の被害者を出し、日本中を震撼させる自殺教唆ゲーム『青い蝶』。その主催者は誰からも好かれる女子高生・寄河景だった。善良だったはずの彼女がいかにして化物へと姿を変えたのか――幼なじみの少年・宮嶺は、運命を狂わせた“最初の殺人”を回想し始める。「世界が君を赦さなくても、僕だけは君の味方だから」変わりゆく彼女に気づきながら、愛することをやめられかった彼が辿り着く地獄とは?斜線堂有紀が、暴走する愛と連鎖する悲劇を描く衝撃作!

恐らくミステリーのジャンルに入る小説です。

とにかくヒロインの寄河景(よすがけい)がとても可愛く魅力的に描写されていて、主人公が「世界が君を赦さなくても、僕だけは君の味方だから」に至ってしまうのも納得です。

それだけに最後の結末は意味が分かった瞬間に吐き気すら覚えましたねー。改めて読み直すと、ひとつひとつの描写が全く違う意味に読み取れてしまうのですが、それを読んでる最中に気付かせずに話を成立させてしまうのは作者の力量の高さですね。 

恋に至る病 (メディアワークス文庫)

恋に至る病 (メディアワークス文庫)

 

 

)