カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

新キャラ、エル・ピープル登場。目が常時キマってる(機動戦士ガンダムZZ感想  16話~18話)

ついでにハマーン様も久々登場。

f:id:CAMDUKI:20210916171934j:plain

 

 

16話 アーガマの白兵戦

f:id:CAMDUKI:20211020194035j:plain

アーガマはドック艦ラビアンローズで改修を受け、新武装ハイメガ粒子砲を装備した。
一方、一度沈没し小惑星衛星アクシズへと回航される宇宙巡洋艦ミンドラに乗り移ったグレミーは、アクシズへ向かう途中で、アーガマの補給に向かうランチを発見し捕獲する。
ランチに乗っていたエゥーゴのミリィとメッチャーの2人を利用して、ゴットンはアーガマを乗っ取る作戦に出た。ゴットンは部下たちをランチに潜ませ、アーガマへの潜入に成功する。艦内で激しい白兵戦が繰り広げたものの、敗北したゴットンはエマリーを人質に逃走しようとした。ジュドーの活躍でエマリーを救出するが、ジュドーはノーマルスーツで逃げる生身の兵士に動揺し、それを撃つことはできないのだった。

ブライトさんにラブロマンスをさせてどうだというのだろうか。妻子持ちのおっさんが別部署の若い女に手を出そうとして出せないところに妙なリアルを感じて嫌だ。

ミンドラではキャラやマシューがいなくなってゴットンが一番偉くなったかと思いきや、グレミーがゴットンの上司ポジションに付いている。ゴットンは何でこんなに軍に冷遇されてるんだ。

捕虜になったキャラはアーガマで家事をやらされていた。ゴットンが捕虜になったときは閉じ込めるだけだったのにね。

 

17話 奪回!コア・トップ

f:id:CAMDUKI:20211020194148j:plain

ランチでやってきたメッチャーは、ブライトにエゥーゴからの指令を携えていた。それはアーガマ一隻で小惑星衛星アクシズを破壊せよという無謀な内容だった。
アーガマがハイメガ粒子砲のテストを行おうとした時、捕虜になっていたキャラがシンタを人質に取りコア・トップで脱走した。ジュドーはキャラを追跡するが、そこへ廃棄コロニーでチャンスをうかがっていたゴットンの新型MSガ・ゾウム隊が現れる。
ルーやエルたちの援護でMSガ・ゾウムはキャラを救出し退却するが、ジュドーたちは突如現れた黒いMS「キュベレイ」のファンネルに翻弄される。ブライトは援護のハイメガ粒子砲を発射するが、キュベレイMk−IIはそれを難なくかわすのだった。

黒いキュベレイがちょっとダサい。黒色って何でも格好よく見えるから安易に使われているとゲンナリする。

キャラに乗っ取られたコアトップを合体で強制的に収容するのは面白いアイディア。結局コアトップを捕まえたあとにジュドーが独断専行でアクシズに向かっちゃったから台無しになったけど。

エルがすっかり常設戦闘員にカウントされている。非常用の戦闘員のままフェードアウトすると思ったんだけれども。要するにアーガマには戦闘員が足りてないんだろうと思うんだろうけれども、そんなアーガマに単体でアクシズを落とせと指示を出すのはやっぱりだいぶ無理があるよなあ。

 

18話 ハマーンの黒い影

f:id:CAMDUKI:20211020194308j:plain

ジュドーは妹リィナの救出のため、コア・ファイターに乗り、ひとり小惑星基地アクシズへと潜入する。そこで出会ったのは、ジュドーに対して無邪気にお兄ちゃんと呼びかけるエルピー・プルという少女だった。
彼女の案内で宮殿へ向かったジュドーは、そこで思いがけずアクシズの最高指導者ハマーン・カーンと出会う。ハマーンはジュドーのニュータイプとしての潜在能力の高さに驚き、ジュドーはハマーンから邪悪な意識を感じとる。
一方、ビーチャとモンドはアクシズでの待遇の悪さに新型MSバウを奪って脱走しようとする。ビーチャとモンドが引き起こした騒動によってジュドーは宮殿から脱出するが、その際、プルこそがキュベレイMk−IIのパイロットであることを知る。

強化人間・サイコガンダム・主人公へのお兄ちゃん呼び。新キャラ、エルピー・プルが露骨なまでにZガンダムのフォウを思い起こさせる。ここまで露骨だと何かしらのミスリード狙いじゃないかと邪推してしまう。

エルピー・プルの目は常にキマっている。心がそこに無いみたい。喜怒哀楽の激しいジュドーと並ぶとそれが非常に対照的になる。というか、全体的に喜怒哀楽の激しいZZにおいて死んだ目をしているのが異質。

そしてハマーンとジュドーが思いもよらない形で邂逅。ハマーン様ちょっと美人になりました?

 

 

)