カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

【雑記】馬鹿みたいに乱読して良かったこと4つ

 数か月前から特にやることもないのでブログの毎日更新に挑戦してみているんですけれども、そろそろネタ切れというか限界っぽいです。

そもそもどう頑張っても2日で1冊ペースの読書量なのに毎日本や映画の感想を書いて更新するのが無理があった気がします。

なので、このブログを頑張ってよかったことを書こうとしたんですけれども何か気づいたら読書の話になってました。

 

f:id:CAMDUKI:20210225191620p:plain

 

【目次】

 

 

 

読書の幅が増えた

僕は大学生の頃は3か月に1冊ぐらいの読書量だったんですけれども、そうすると滅多に本を読まないから好きなジャンルの本しか読まなくなるんですよね。僕はミステリーが好きだったんで、ミステリーばっかり読んでたんですけれども。

ただ、ブログを毎日更新することを目標にしたらそんなことは言ってられません。

僕はプライムリーディングというAmazonPrimeに入会していると本が無料で読めるサービスを利用してるんですけれども、ここにはミステリー小説ってそんなに入ってないんですよ。

だから必然的に自分の好み以外の本を読むことになったんですけれども、面白い本って自分が考えていたよりも世の中に溢れてたんですよね。

それに気づけただけでも乱読した価値がありました。

 

『自分』のことが少しずつ分かる

本を読むと頭が良くなるというのは僕絶対に嘘だと思ってるんですよ。だって世の中には頭の悪い人が書いた本もあるから。

ただ、ジャンルを問わず様々な本を読むことで自分のことを少しずつ理解出来るようになった気がします。

どういうことかというと、本を読んで自分以外の考え方に触れることで「実は俺こういう考え方嫌いだったんだな」とか「実はこういう考え方が好きなんだな」というのがハッキリしてきたんですよね。

この比喩で伝わるかどうか分からないんですけれども、大きな岩を彫刻刀で削ることで少しずつ少しずつ作品の輪郭がはっきりとしていくような感覚です。

この数か月の間に、自分は自分のことが分かっていなかったことを認識しました。

 

本一冊への期待がめっちゃ減りました。

昔は3か月に1冊ペースで読んでたんで「滅多に本なんて読まないから、この本はきっと面白いはずだ」みたいなバイアスがかかってたんですよ。

でも今はほぼ毎日ペースで読んでるんで、素直につまらない本をつまらないと評価出来るようになりましたし、むしろ面白い本とか役に立つ本の方が稀だということが分かりました。

何事も期待していない方が、落胆しなくて済みますし、本当に良かった時の喜びがすごく大きくなって良いと思ってます。

 

有名人の考え方を知れる

本当によく言われてる話なのですが、本を読むことで自分より頭の良いやつの考え方を簡単に知れるのはデカいですね。

しかもプライムリーディングで読める本だったら実質無料ですよ。

ヤバくないですか。

もちろん本人と会話できるならそれに越したことは無いと思うんですけれども、僕のような庶民だと有名人と会話なんてまず出来ないですからね。

 

そんな感じで、乱読することって実は結構大きいメリットがありますよ、という話です。

 

読者登録してもらえるとモチベにつながります!!

 

 

 

)