カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

『去年から何も成長を感じない問題』『新しいことをしたくない症候群』は心理学で突破出来るかもしれない:無理なく限界を突破するための心理学 突破力

人間には『突破出来る限界』と『突破出来ない限界』があるというテーマで書かれたのが、メンタリストDaiGoの突破術という本です。

無理なく限界を突破するための心理学    突破力

無理なく限界を突破するための心理学 突破力

 

自己啓発のキャッチフレーズでよく「限界は突破するためにある!!」みたいなのがありますけれども、そういうのは『嘘』だとこの本は初っ端ではっきりと断じているのが印象的でした。

たとえば『IQ』や『性格』は遺伝の影響が大きいので、そんなのはいくら頑張っても変えられないということは現代科学ではっきりと言われているそうです。内向的な人が「やれば出来る!!」で外向的になったら苦労しないというわけですな。これが『突破出来ない限界』です。

ただ、我々は思っているよりか残念な生き物なので、思い込みで色々な物を過大評価したり、過小評価したりしちゃうんですよね。それを心理学の世界では『バイアス』と言います。こいつが原因で突破出来るはずの限界を突破出来なくさせてるんです。


たとえば、YouTuberを見て「こんなん誰にでも出来るやん」って思った経験は無いですか?僕はあります笑
これは自分を平均より上の能力があると思い込む「隠れナルシストバイアス」と呼ばれる脳の働きです。

自分を過大評価してしまって 、正しく現状を認識出来なくなるバイアスです。

 

では、ブラック企業を辞められなかったことはありますか?これも僕はあります笑
これは「現状維持バイアス」です。

変化を恐れて、今のままで一生居続けたいと考えてしまうバイアスです。

 

目に見えない制限を超えるためには、バイアスの種類を知ることが大事とのこと。書籍では他にもどうすればバイアスの罠を解除出来るかも書いてくれています、

 

何か知らないけどずっと生きるのが息苦しいとか思う人は見えないバイアスの罠にハマっているかもしれません。そういう人は是非ご購入を。

無理なく限界を突破するための心理学    突破力

無理なく限界を突破するための心理学 突破力

 

 

)