カミヅキ記録帳

読書、映画、ゲーム、平沢進、ALI PROJECT、雑記。

【読書感想 /発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術(借金玉)】我々に難しいことは出来ない。頑張るより先にカバンを変えろ。

発達障害を抱える借金玉さんが、サラリーマン生活で使える創意工夫を記してくれた本です。 先日、ブログでも取り上げた発達障害サバイバルガイド――「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47がすごく面白かったのでこちらも買いました。 本…

最近読んだ、まあまあ面白かった本たち

1本の記事にまとめてもいいけど、そこまでモチベが上がらなかった本たちです。 いつもの悪口のコーナーじゃないです。

【グラマス未満向けメナト攻略】VT1の崩しパターンを覚える。3種類だけ完璧にすれば、あとはノリで拡張出来る。

メナトといえばVT1・ジェフティの知恵。 この技は無限のバリエーションがあるように見えますが、基本パターン3種だけ覚えれば、後は順列組み合わせを切り替えるだけでパターンを拡張出来ます。 グラマス未満向けと言いながらも、人によってはスパダイぐらい…

【グラマス未満向けメナト攻略】スフィア設置と回収のルールを決める。中P大Pだけで勝てるほど我々はゲームが上手くないことを意識しよう。

僕のメナトはメナト使いの中でも、一番botみたいな動きをしていると言われます。 ゲームが下手なんで、好きな動きをしてるだけじゃ勝てないんですよね。 今回は、「人それぞれ」で済まされがちなスフィア設置・回収について、僕が決めているパターンを文字化…

【雑記】Switchで終わりのないゲームを遊んではいけない。Slay the Spireが面白すぎるからアンインストールしました

面白すぎてゲームをアンインストールするのは初めての経験です。 毎晩毎晩、「ちょっとだけSlay the Spire遊んでから寝るか」で2時間ぐらい使ってしまったので、もうこれは消すしかないと思って消しました。 面白いゲームを遊ぶことと、健康な生活は両立でき…

【雑記】生主適性を確かめたくなったから3か月ぐらい配信します。twitchで夜にストV遊んでるのを映す予定。

一応、勝算はいくつかあって、 ・ストVでメナトはトップクラスに配信映えする ・グラマス以上のメナトで頻繁に配信している人間が、今のところsakoさん含めて消滅している ・読書好きでストV現役で配信してる人が珍しい といったところ。

【読書感想 / 荒木飛呂彦の漫画術】漫画は4つの概念で出来ている。①キャラクター ②ストーリー ③世界観 ④テーマ

人生の半分以上少年漫画を描いて生活してきたおっさんが、少年漫画の描き方に関する企業秘密を全て暴露するという本です。 通常であれば、荒木先生の身近にいる人間しか聞けないような創作の話を1000円もしないような新書にたっぷり込めてくれています。普通…

【映画感想/えんとつ町のプペル】2プぺしました。ここまでバランスが悪い作品はある意味貴重

まず最初にひとりで鑑賞して1プぺ、次にウォッチパーティで鑑賞して2プぺ。 3プぺ目は……もう良いかな…… (※プぺ→プペルを鑑賞した回数を表す単位)

【アニメ感想】 徐倫はサイコパスだからマリリン・マンソンが通用しない(ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン7話・8話・9話)

3部のオマージュっぽい話が続きますね。

最近読んだ面白くなかった本たち

本のタイトルを堂々と出すと作者のエゴサに引っかかって、悲しい想いさせちゃうんですよね…… かといって、つまらない本の感想だけ避けるのも正義に反するなあと思うわけで。

【文学少女対数学少女 /陸 秋槎】百合ミステリー!推理小説を数学のアナロジーで考える【読書感想】

概要 高校2年生の“文学少女”陸秋槎は自作の推理小説をきっかけに、孤高の天才“数学少女”韓采蘆と出逢う。 彼女は作者の陸さえ予想だにしない真相を導き出して……“犯人当て”をめぐる論理の探求「連続体仮説」、数学史上最大の難問を小説化してしまう「フェルマ…

【雑記】ストレングスファインダーを受けました。どうやら自分は情報集めが好きな前向き野郎らしい

わざわざブログで報告するものでも無いのですが、どこかにメモしておかないと忘れそうなので。 ここに書いておけば「カミヅキ ストレングスファインダー」でGoogle検索したときに見つかるはずですし。

【1/20まで】DMMブックス冬の50%ポイント還元セールで買った本一覧

まだまだ読む本がたくさんあるので、今回はやや控えめの量になりました。 文芸ジャンルの還元率が30%に落ち着いてしまったのが残念。 今までAmazonで興味がある本がセールでもスルーしてたんですけれども、今後は少し考えないといけないですね。 対象作品が…

【雑記】2021年のカミヅキを振り返る ~ストV・ブログ・読書~

充実した1年でした。 新しいことを積極的に始めたことで、日々の満足度がぐーんと上がりました。 来年は今年の5倍ぐらい楽しい年にしたいですね。

【まとめ】12月に読んだ面白かった本など

月末恒例の振り返り企画です。

【アニメ感想】他人を不幸に巻き込んで道づれにする「真の邪悪」(ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン4話・5話・6話)

6部ってジョジョの中でも結構大味だなと思います。

【雑記】アニメージュとジブリ展行ってきたから感想書くよー。資料が濃密で無限に居座れそうだった高コスパイベント。

アニメージュとジブリに何の関係が?と思ったら、かつてアニメージュの編集長は今ジブリでプロデューサーをやっている鈴木敏夫だったんですね。 今回の展示では、ジブリの宮崎駿だけでなく、ガンダムの富野由悠季と攻殻機動隊の押井守についても掘り下げられ…

【アニメ感想】原作より分かりやすい。100点。(ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン1話~3話)

あのややこしい6部が優秀なジョジョアニメスタッフの手によって、どのようにリメイクされるのかが気になって見始めました。原作は既読です。

【1/20まで】DMMブックス冬の50%ポイント還元セール!!おすすめ本を紹介していくよー

DMMブックスで50%還元セールの時期がやってきました! キンドル本はAmazonや出版社が選んだ本しかセールにならないうえに大体30%オフぐらいなので、DMMブックスという媒体が気にならないならこっちで買うのが圧倒的にオススメです。 スマホで読む限りでは…

【読書感想】創作活動はコスパが悪い!テーマを決めて、痛覚を麻痺させろ!(アニメの教科書: 岡田斗司夫の『遺言』より/岡田斗司夫)

「”創作におけるテーマとは何か”について語る」という前フリから始まる本でありながらも、岡田斗司夫がDAICON~ガイナックス時代を思い返して語る自著伝という属性も併せ持っているので、話はあっちこっちに飛びまくっています。 しかも厄介なことに、脱線し…

【ALI PROJECT】Belle Epoque 全曲の感想とか考察とか

個別の曲を楽しむというよりかは、通して聞くと満足感を得るようなタイプのアルバム。 フランス料理のフルコース的なアルバムではなく、懐石料理みたいなイメージですかねえ。

【読書感想】地に足のついた未来予想が面白い(夏への扉/ロバート・A・ハインライン)

あらすじ ぼくの飼い猫のピートは、冬になるときまって「夏への扉」を探しはじめる。家にあるドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。そして1970年12月、ぼくもまた「夏への扉」を探していた。親友と恋人に裏切られ、技術者の命である発…

【アニメ感想】大傑作アニメ。でもラスト2分の記憶は消した(オッドタクシー10話~13話)

前回に引き続きネタバレ注意です。 物語の核心に関わる仕掛けについて書いてます。

【アニメ感想】社会的な正義の名の下に、人間を断罪出来れば何でも良い人々(オッドタクシー7話~9話)

物語の核心に触れるのでネタバレ注意です。 ミステリーで言うところのトリック部分ですね。

【アニメ感想】「自分が何者にもなれない現実」から目を背けて生きるとロクなことがない(オッドタクシー4話~6話)

リアルすぎて、ところどころ心に刺さってきますねこのアニメ。 それも嫌な刺さり方をする。

【読書感想】ストリートファイタービジネスの鋭い分析を期待すると肩透かし。SFL入門書ぐらいならまあ。(CAPCOM eSports 「ストリートファイターリーグ」から見るeスポーツの未来)

現在開催中のストリートファイターリーグについてまとめられた公式書籍。 僕はこの本の情報が出た瞬間に、まだ終わってもいないイベントの成功法則を社長が意気揚々と語る素晴らしいバカ本だと思ったのですが、読んでみると思った以上にまともでしたね。 我…

【アニメ感想】日常系と見せかけたサスペンス物?ミステリー物?目が離せない(オッドタクシー1話~3話)

ゆるキャラのふわふわアニメみたいな見た目してるくせに何もゆるくねえ。 むしろハード寄り。 群像劇なので428が好きな人なんかは、もしかしたら楽しめるかも?という予感がしています。

【逆シャア】初心者のための逆襲のシャア解説「シャア・アズナブルは なぜ負けたのか?」

いつもガンダム解説をしてくれていた友人が逆シャアの解説をしてくれました。 気前よく「ブログに貼っていいよ」と言ってくれたので遠慮なく貼ります!

【読書感想】こんな場所が現代に存在するのかと、軽いカルチャーショックが……(ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活/國友公司)

最近の西成は観光地化しているとか、昔より遥かに過ごしやすいと聞きます。 外国人観光客が激安の宿を求めてあいりん地区に出入りしているなんて話もあるそうです。 だから「ルポ西成」なんて言っても、そこまでショッキングな話が出てくることも無いだろう…

【読書感想】ホラー映画は人生の予習だ!子供に見せろ!!(荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論/荒木飛呂彦)

ジョジョの奇妙な冒険でお馴染みの、荒木飛呂彦がホラー映画について語りつくす本です。 荒木先生の作品といえば、人間への深い洞察力と、作品内に込められた哲学が魅力ですよね。 この本の中でも、荒木先生の良さが遺憾なく発揮されています。

)